才能を引き出す魔法の薬

こんにちは。

最寄駅が京王線多摩境駅
町田市小山地区にある認可保育園
町田こどもMURAの園長阿部です。

本日のテーマは

「才能を引き出す魔法の薬」

です。

“才能を引き出す魔法の薬”

こういう単語を聞くと
あなたはどういう感情になりますか?

私は

「おお~、なんだ!なんだ!知りたい!」
「体に悪いものじゃないのかな?」
「どんな効き目があるんだろう。」

いろんな感情が湧いてきます。

安心してください。

最初に伝えておきますが
“薬”といっても有害ではなく
体内で分泌されるホルモンです。

ずばり

『ドーパミン』

です。

今日はドーパミンという単語を
覚えてほしいわけではありません。

『ドーパミンが出る仕組みと
 ドーパミンのすごさ」

についてお伝えしたいと思います。

まずはドーパミンの
すごさをお話しします。

ドーパミンが脳内に
『ドクン』と出ると
人間は快楽を感じるのです。

この快楽こそが
才能を発揮するための
ポイントなのです。

脳科学的に考えると

人間が行動する理由は
2つしかありません。

1つは

『痛みを避ける。』

2つ目は

『快楽を求める』

です。

つまり快楽を感じると
人間は行動ができるのです。

ノーベル賞学者が
24時間365日
研究に打ち込めるのは

その研究をしていることが

“快楽”

だからです。

スポーツマンがストイックに
体を鍛えられるのは

筋肉がつくことによって

パファーマンスが上がる。
運動の成績があがる。
そしてお金も稼げる。

そこに

“快楽”

があるからです。

ダイエットでも
勉強でも
仕事でも

苦しいことは続かないように
脳は出来上がっています。

だからやっていること自体が
楽しくなればいいんです。

楽しくなって快楽を感じると
どこまでもやり続けることが
出来るのです。

これがドーパミンのすごさです。

次にドーパミンの出る仕組みです。

ドーパミンはプラスの感情が
揺さぶられた時にドクンと出てきます。

・うれしい
・楽しい
・美味しい
・よろこび
・おもしろい

などです。

例えば幼児期にこういう体験を
たくさんするためには

可能な限りNGを減らしてあげて

思いっきり汚れる
壊してみる
ぐちゃぐちゃにしてみる。

などしてみてください。

ご家庭ではなかなか難しい場合は
そういう保育園や習い事でもいいですし

家庭で壊しても
ぐちゃぐちゃにしても
あとで片付けやすいのは

例えば新聞紙があります。

インターネットで

「ミックスじゅーちゅ あそび」

と検索してみてください。

子どもの遊びサイトが出てきます

この中で新聞紙を使った遊びを
探すと家でもできると思います。

そして、

================
自分ができなかったことを達成する
================

これもドーパミンが放出されます。

つまり、生きている中で

『感動すること』

これこそが

“才能を伸ばすための魔法の薬”

になるのです。

何を快楽とするかで
人間の人生は大きく変わります。

人生が決まると言っても
言い過ぎではないかもしれません。

================
快楽を感じるために
たくさんの感動体験をしてもらう。
================

これが大事になります。

しかーーーし、

こんな話はたくさん聞いたこと
あると思います。

しかも感動ってなると

『ものすごい非日常や
サプライズがないといけないのでは?』

とハードルが高く感じる方も
多いかもれません

安心してください。

子どもは大人に比べて
感受性が数倍豊かです。

つまり小さなことでも
心が揺さぶられて感動します。

感動感度が高いんです。

僕ら大人は良かれ悪かれ
いろいろな体験をしてしまっています。

サプライズで誕生日を祝ってもらう
キレイな夕日を見る
いろんな場所への旅行

世界最高峰のエンターテイメントも
体験している方が多いと思います。

人は慣れれば慣れるほど
感動感度は下がってしまいます。

しかし、幼少期の子どもにとっては
毎日が新鮮でちょっとしたことで
感動の連続です。

日常生活で
小さな感動体験をすることは
そんなに難しくないはずです。

・ものすごく大きなカマキリを見た

・具合が悪い時に「大丈夫?」と
 心配してもらえる。

・家族で大笑いして過ごす。

・お手伝いしてママやパパに褒められた。

・霜柱を踏むとザクザク音がする。

そんな小さな感動体験を
コツコツ積むことで

ドーパミンがどくどく出て
自分の好きなことを夢中に
続けられるようになります!

そうこれです!

『熱中してやりこむ力』

これが身につけば
どんな分野でも一流になり
成果を出せます。

勉強も運動も音楽も身につけるには
練習の質も大事ですが

『好きで楽しくていつまでも続けられる』

これができたら
成果を出すことができます。

アインシュタインさんは
こんなことを言っています。

「感動していない人間は
生きていないのと同じである」

さあ!あなた自身はどんな
小さな感動体験をしてみますか?

我が子にどうやって
小さな感動体験を提供していきますか?

本日も最後までありがとうございました。

※追伸
東京都町田市小山地域にある
町田こどもMURAでは
一時保育もスタートしました。

認可外保育園のため町田市在住でなくても
保護者が就労されていなくてもご利用いただけます。

・有機食材を使った給食で脳の発達を高め

・オーダーメイド教育で個性を磨き

・七田式右脳プログラムで集中力と記憶力アップ

・世界七大教育(モンテッソーリ、イエナプランなど)の
良いとこどりで才能を伸ばし

・世界最新の運動プログラム(キッズコーディネーション)で
運動の土台と基礎作り

こちらを大事にしている保育園です。

詳しくはHPをご覧ください。
https://mura.5star.school/

問い合わせはline登録からお願いします。
個別で説明会も保育体験も募集しております。

ご興味ある⽅は以下から
LINEに登録してお問い合わせください。